どの国で子供を産むのがいいのか 日本は25位

478986993_56bfb4b669_o.jpg

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットは中期的に見て最も潜在力のある国のランキングをまとめ

2030年に幸せになっているためにはどこで子供を産むのが良いのかを知る手がかりとなっている。

第一位には世界の富が集積され、欧州の安定の砦であるスイスが輝いた。


その後、オーストラリアとノルウェーが続いている。

興味深いのはトップ10に入った欧州各国のうちでEU加盟国はたったひとつ、オランダの8位だったことだ。

EU諸国はその経済問題から10位から30位の間となっている。かつての王者であった米国は16位でドイツとならんでいる。

アジア諸国からはシンガポールが6位、香港が10位となり、日本は台湾の14位から大きく遅れて25位となっている。

ロシアは残念ながら72位となったが、ウクライナはさらに下の78位となった。


ランキング作成者らは、数年にわたる実施で調査方法も大きく改善したとしており、その結果平均収入などの客観的データのほか、居住者自身の満足度などの主観的データも取り入れたという。

しかし社会学的調査および統計資料にはかならずしも現実がそのまま反映されるとは限らない。
Newsru.com, The Economist
引用元: VOR ロシアの声.




posted by 編集長! at 05:22 | ・なるほど・マジで! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする










14447733_480x360.jpeg
3431291.gif


世界の水はたったこれだけ:


地球は水の惑星といわれていますが、飲み水として

利用できる水はどのくらいあるのでしょうか。


  実は98%が海水で、淡水は2%、その大部分は南極

や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる

水は全体の0.01%にも満たないのです。


地球上の水すべてが風呂桶一杯の水だったとする

と、
私たちが使える水はわずかに一滴。 この一滴の

水をすべての陸上生物が分かち合って生き ているの

です。


この水が枯渇したり 汚染されると、すべての生物が

絶滅してしまうのです。

2050年に人口は90億人になると言われています。

食糧生産や途上国の経済発展に伴ってますます水

需要が増加します。


さらに温暖化により、世界各地の雨の降り方も大きく

変化し、乾燥化が進むところや洪水により、かえって

飲み水などが不足する地域も出てくるのです。


2025年には世界人口の2/3が水不足になると予測さ れています水資源・書籍


3431404.gif












×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。