「sexセックスドライブイン」開業!!

【チューリヒ時事】スイス最大の都市チューリヒで車専用の売春施設が登場、注目を集めている。
街中心部での路上売春を一掃し、売春に従事する女性を犯罪から防ぐユニークな試みだ。
市は営業の滑り出しは順調だと評価。「女性と住民の双方に利点がある」と期待している。
売春.jpg

*画像はイメージ(笑)
 スイスでは18歳以上による売春は合法。チューリヒ市内では3カ所で路上売春が認められ、市によると東欧出身者を中心におよそ300人が「営業許可」を持っている。
 しかし、住民の苦情、女性への暴力、人身売買といったトラブルや犯罪が後を絶たないことが問題化し、市はチューリヒ駅近くでの路上売春禁止に着手。2012年の住民投票を経て、今年8月末にドライブインを開業した。

 場所はチューリヒ駅から程近い線路沿いで、市が240万スイスフラン(約2億6200万円)を掛けて建設。女性は「施設利用料」として5フラン(約550円)を払い、シャワー室や台所などが使える。医師も週1回相談を受け付ける。1日約20人の女性が利用しているという。

 営業時間は午後7時から午前5時。車で入場した客は、道に沿って数カ所に設けられた待合所に立つ女性と「商談」し、合意すればドライブインの専用スペースに車を入れ、そこでサービスを受ける。専用スペースには緊急事態に備えた非常ボタンがある。
そーすさき



posted by 編集長! at 12:43 | ・なるほど・マジで! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする










14447733_480x360.jpeg
3431291.gif


世界の水はたったこれだけ:


地球は水の惑星といわれていますが、飲み水として

利用できる水はどのくらいあるのでしょうか。


  実は98%が海水で、淡水は2%、その大部分は南極

や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる

水は全体の0.01%にも満たないのです。


地球上の水すべてが風呂桶一杯の水だったとする

と、
私たちが使える水はわずかに一滴。 この一滴の

水をすべての陸上生物が分かち合って生き ているの

です。


この水が枯渇したり 汚染されると、すべての生物が

絶滅してしまうのです。

2050年に人口は90億人になると言われています。

食糧生産や途上国の経済発展に伴ってますます水

需要が増加します。


さらに温暖化により、世界各地の雨の降り方も大きく

変化し、乾燥化が進むところや洪水により、かえって

飲み水などが不足する地域も出てくるのです。


2025年には世界人口の2/3が水不足になると予測さ れています水資源・書籍


3431404.gif












×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。